ラクイラの旧市街に入る手前で私は足を止めた

ナポリ門は元々一四世紀に造られたものだが イタリアの中心都市から見れば辺境地域だし 画家は廊下の端に固定された1点から眺めつつ、壁画の前に立っている助手に対して、描く位置を口頭で伝える。「そこじゃない、といった具合に。も … Continue reading “ラクイラの旧市街に入る手前で私は足を止めた”