ローマ時代には

ローマ時代の円形闘技場で火あぶりの刑になった史実

マントバの宮殿や
(マッテオ·バンデッロ、LeNovelle[小説集]、駆けつけた父は、第二巻第九話、筆者訳)最後の晩餐>を描いていたとき、そこを訪れた少年バンデッロは長じて有名なレオナルド·ダ·ヴィンチがミラノでレオナルドの仕草まで私たちに教えてくれてもいる。
そのバンデッロの代表作小説家となった。彼は遠い記憶を辿って、フランス語訳された後に英語版まで出版される成功をおさめた。
となった一五五四年の小説集は、まさにこの英訳本を下地にしたものである。
もっとロマンチックに年後にシェイクスピアが世に出した悲劇は、四もっと悲劇的に。
”他人の作品をもとに独自の名作に仕立てる作家“シェイクスピアの面目躍如といったとここらあたり、ころかrlCapuletieiMontecchiカプレーティ家とモンテッキ家その後もヴィンチェンツォ·ベッリーニによる歌曲(1グノーやプロコフィエフといった作曲家たちの手で、この話は何度もとりあげられた三0年)をはじめ、ミラノなど近隣の強国から徐々に圧迫され、高い文化レベルを謳歌するだけの従属都市の座に甘ヴェローナはその後、街は長い停滞期を迎える。
再び活気を取り戻すようになるにんじるようになる。

それはファサードからアーチ交差部のところまでであり、一六五○年八月七日の記述。
筆者訳クーポラが載ることになる。ジーリによるDiariRomaniローマの日記]、慢性的な資金不足に苦しんでいた。
聖堂はクーポイエズス会はもともと清貧をモットーのひとつとすることもあって、日照権を主張されて内部でミサをとりおこなっていた(近くにあるフランチェスコ修道会の教会から、ラを戴かぬまま、クーポラの建立がままならなかったという伝説もある)。
地方で遠近法を駆使した作品で名をあそこで白羽の矢をたてられたのが、イエズス会の神父で画家,建築家でもあり、しょうへい二転三転あったものの一六八五年、描かれたにせ彼はローマに招聘されて、げていたアンドレア·ポッツォだった。
を完成させた。次いで、その出来を認められて、より広大な身廊部の天井画の装飾もまかされた。
クーポラポッツォはやがてオーストリアできあがった天井画は当時の人々を驚嘆させ、その評判はヨーロッパ各地にまで届き、イエズス会自体が解散させられたりしたため、宮廷に迎えられて活躍し、そのままウィーンで亡くなった。
その後、同会派の様式への関心も失われてしまった。
ミラノのサンシーロ·スタジアムはACミランとインテルのホーム

シエナの聖ベルナルディーノは

そう、やはりこの技術も、ニスロンらによる廊下のアナモルフォーズと同様、宗教的理由などにより失われてしまったのだ。
哲学的で小難しく重苦しいしかしポッツォの作品は、今でも観る者の目を楽しませ互芸術はなにもお高くとまって、はかなものでなければならない理由はない。
その後の衰退の運命を知ればかえって儚く悲劇的でさえあるが、こんなに愉快なものが中にはあってもよいではないか。
芸術は、人を驚かせてこそだ!Veronaヴェローナ|恋する二人この地下墓所を光で満たしているのだ。
横たわるジュリエットの美しさが、(ウィリアム·シェイクスピア,rロミオとジュリエット’第五幕第m場、筆者訳)もうあえて説明の必要もない、許されぬがゆえにひときわ激しく燃えあがる恋のお話妥協や汚れをまったく知らぬ主人公たちの恋心の純粋さ出会ったその日にいきなりキスはするけれどは、現代の視点から見れば滑稽なほどだ。
恋は盲目そのままに、若き二人は猪突猛進し、”いろいろあって“結局は死にいたる。
何世紀おそらく最も知られた悲恋物語となった。も前からこの話は世界中で読まれ、そのおかげで今日でも、舞台となった小都市ヴェローナを訪れる人はあとを絶たない二五万あまりの人口を有している。
ヴェローナはヴェネツィアに次ぐヴェネト州第二の都市で、ここは酉のミラノと東南はローマからフィレンツェを抜け遠く北のドイツへと至る鉄道が交差する場所にある。
のヴェネツィアを結ぶ鉄道と、これはそのまま、ローマ帝国が全欧州に張り巡らしていた街道網を引き継いでいる。
こうした地理上の重要性のおかげでヴェローナは早くから栄え、まるで小さなローマのごとき景観を有するにいたった。
主要な道は広くゆったりとしており、中世にできた丘の上の城塞都市をちまちまと走る細道とは良い対照をみせている。
今も街中のいたるところに当時の建造物を見ることができる。なかでも有名なのが円形闘技場だ。ここで夏の夜に開催アレーナ·ディ·ヴェローナされる野外オペラは壮大で、小さめのコロッセオとも言うべきこのArenadiVeronaは、音楽ファンにはよく知られた聖地のひとつとなっている。
恋の悲劇は一四世紀のはじめに起きたことになっている。このヴェローナで、恋人たちの家は、お互い激しく対立して当時半島を二分していた抗争の真っ只中にいたからだ。
イタリアの各都市はいたことにもなっている。

案内板もすぐ近くに来るまで全くない


私の父ジャンバッティスタ·ヴァリニャーニも

それは両家が、それともドイツを拠点とする神聖ローマ皇帝の傘下に加わるギベそれぞれ、ローマ法王を支持するゲルフ派か、その中は両派に分かれ、果てしない主導権争いが続いていた。
ン派かの二者択一を迫られた。どこの街でも、モンテッキ家とカッペッレッティ家の人々を、中略その思慮なき人々は、すでに悲しみの中にいた見に来たれよ、第六歌CVI-CV111.筆者訳ダンテ·アリギエーリ、神曲煉獄篇、抗争のあおりで亡命中だったダンテがヴェローナに滞在している。
ダンテがそのと二年から一一三一三一八年頃まで、恋する二人のそれぞれの家のモデルとなったものだ。
ただし当初は悲恋物語とは関係なく、ヴェき潛き残した両家こそ、ローナのギベリン派モンテッキ家がサン·ボニファチオ家に打倒され、ゲルフ派でクレモナを地盤とするカッペッレッしかし恋の話はともかくも、有名な伝説の設定は、れっきとしティ家がペラヴィチーノ家に敗れた史実を詠ったまでだ。
ここからシェイクスピアの有名な戯曲になるまでの道のりは、とても長く複た事実に基づいていたわけである。
しかし、雑だ首を斬られた恋人を発見し、その亡骸の上で悲しみのあまり死んでしまった。
シエナに戻ったガノッツァは、マズツMariottoeGanozza、筆者訳·サレルニターノ、r11Novellino[小説集]、第三三話チョサレルニターノが一四七六年に発表した物語マリオットとガおそらくは各地に残る悲恋の伝承をもとに、アその後の大筋はほぼできあがっている。
一五三〇年にルイジ·ダ·ボルにでは、舞台こそシエナとなってはいるものの、舞台もヴェローナに、そして主人公たちの名前もロメオとジュリエッよって書かれた物語GiuliettaeRomeoでは、タになった。
家がヴェローナを事実上支配していた時代にあたる。同家の歴代当主恋の事件当時は、スカリジェリラ·スカーラ領土拡張に成功して街の外側にあらたな城壁を作り、ヴェローナの最盛期をの中でも傑出した人物カングランデ1世は、演出した。
しかしその繁栄の裏では前述したような二派の抗争が続いており、そのどこかで引き裂かれた恋人たちが実際にいたとしても不思議ではないだろう。
娘が氷よりも冷たくなっていることを知った。
イタリアでも決める必要があるかも知れない車を運転中に携帯電話を使用することは

ミラノ市内でどこかの家や事務所を訪ねる時にはミラノの市長選挙にぶつかった

(マッテオ·バンデッロ、LeNovelle[小説集]、駆けつけた父は、第二巻第九話、筆者訳)最後の晩餐>を描いていたとき、そこを訪れた少年バンデッロは長じて有名なレオナルド·ダ·ヴィンチがミラノでレオナルドの仕草まで私たちに教えてくれてもいる。
そのバンデッロの代表作小説家となった。彼は遠い記憶を辿って、フランス語訳された後に英語版まで出版される成功をおさめた。
となった一五五四年の小説集は、まさにこの英訳本を下地にしたものである。
もっとロマンチックに年後にシェイクスピアが世に出した悲劇は、四もっと悲劇的に。
”他人の作品をもとに独自の名作に仕立てる作家“シェイクスピアの面目躍如といったとここらあたり、ころかrlCapuletieiMontecchiカプレーティ家とモンテッキ家その後もヴィンチェンツォ·ベッリーニによる歌曲(1グノーやプロコフィエフといった作曲家たちの手で、この話は何度もとりあげられた三0年)をはじめ、ミラノなど近隣の強国から徐々に圧迫され、高い文化レベルを謳歌するだけの従属都市の座に甘ヴェローナはその後、街は長い停滞期を迎える。
再び活気を取り戻すようになるにんじるようになる。

弟子がこの作品の制作を続ける可能性がなくなったことも意味していしら老いた師匠は


イタリアの三分の一を支配するドイツ人の神聖
一七世紀には繰り返しペストに襲われ、は、第二次世界大戦の終結まで待たなければならなかった。
各時代の文化遺産にも恵まれた豊かな街だ。その中には、現在のヴェローナは、地域産業に支えられ、ロメオの家しんびようせいそして二人が眠る墓までがご丁寧に残されている。
それらの信憑性云々はこの際どうでも良いことだジュリエッタの家、有名なバルコニーの下にはジュリエッタの彫像があり、恋のシンボルとなった彼女にあやかって、恋の成就を願う人々が次々に触っていく。
特に御利益があるとされる右胸には、日本人観光客は恥ずかしそうにそっと手を置く程度だが、こちらの人はおばあさんだろうが、誰もがそれこそラシッとつかんでは、家族に記念写真を撮らせている。
そこだけ表面がテカテカになった右の乳房は、それがすなわち世界中の人々の、熱い想いのしるしなのだろうか。
Amalfiアマルフィ11天国の回廊日本映画なので主役は当然ながら日本人なのrアマルフィ女神の報酬という映画が公開された。
1100九年の夏に、イタリア各地の美しい景色や名所旧跡がふんだんに採り上げられていた。
だが、全編イタリアで撮影されたもので、かと心の狭いことを言っている知人がいるのだが私のアマルフィがさらに混んじゃ?
室内のレストランやバーレも同様です

妙に懐かしくなってしまった娯楽が発展していったのもこの時代です

こんな映画ができちゃったら、知知る人ぞ知る穴場だったアマルフィ海岸を訪れる日本人観光客の数はここ十年ほどの間に急増しており、かつては人の心配などもうとっくに現実のものとなっている。
「アマルフィを見たことがない者は、世界を見ていないに等しい街の公式ホームページやパンフレットに、なにしろ、アマルフィというスティウェルによる言葉を不遜にも掲げるほど、」chinonhavistoAmalfi,nonhavistoilmondo彼らの街の輝かしい歴史に。
そしてその美しさには自信満々なのだ。アマルフィ誕生の伝説からして、彼らの強烈な自負をよく示している。
それは、英雄ヘラクレスの愛をうけた妖精アマフィが、その短い一生を終えたとき、ヘラクレスが彼女の亡骸をこの世で最も美しい場所に埋葬したというものだ。
そその地を恋人の名にちなんでアマルフィと名付けたという。して、アマルフィの成立に関する逸話は他にもいくつかあるが、ややありえそう“な言い伝えに、ローマの執政官マルクスアウレリウス·ルフスルフィウスの娘が、この地をいたく気に入り、居をかまえて街の礎を築いたというものがある。
また、もっと後世になって、コンスタンティノーブルへ向かおうとしたローマの人々の乗った船が、嵐にみまわれて流れ着き、この地に根をおろしたとする説もある。
美しき妖精の墓所に選ばれたと聞かされても、思わず頷いてしまいそうなほど、この地は美しくかつ”秘められたる場所にある。
サレルノからソレント方面へ向かう海岸線沿いの途上にアマルフィはあるが、この道程がなにしろ不便極まりない。
左手にはティレニア海の深い青が果てしなく広がり、右からは岩場の斜面がのしかかるように迫ってくる。
その絶景の間を縫うように,延々と続くカーヴでひたすらハンドルを切り続ける。
その途上で、岩壁の間にときおりあすきまらわれる平らな場所には、ことごとく木々が隙間なく植えられ、レモンの実がたわわになっている。
そう、アマルフィ海岸コスティエラ·アマルフィターナ一帯は、リモンチェッロレモンでつくられたリキュールの名産地でもある。
行くのに容易でない土地は、すなわち攻められにくい場所でもある。

Tagged as: ,