ミラノのサンシーロ·スタジアムはACミランとインテルのホーム

各方面で異民族とのいさかいが続いていた

厳密な許容誤差内で建築されているのです
現在、オルシーニ家の怪物庭園は、過去の驚異を垣間見ることのできる珍しい場所として、ボマルツォの観光に一役こも買っている庭園内はすっかり整備されて、のどかな木漏れ陽の中を、観光客がポツリポツリと散策を楽しんでいる。
しかし、ひとたびジャック·ブノアメシャンが名著庭園の世界史河野鶴代、横山正訳、講談社、一九九八年で伝えるところの、整備され始める直前の庭園の様子を読めば、私たちはかつての怪物たちの楽園の雰囲気を羨ましく思う気持ちを抑えきれない-。
今日この庭はまったく荒れるに任されている。村の子どもたちが石弓を持ってうろつき回り、彫刻の鼻や手、性器髪などに石をぶつけて壊して遊んでいるだけだ。
同書動物園の檻の中にいるような今日のおとなしい佇まいに比べれば、たとえ鼻を折られても、自由気ままに夜ごと自分たちだけの宴を開くことができた時代のほうが、そしてたまに迷い入ってきた猟師が自分たちを見て腰を抜かすさまを眺めているほうが、怪物たちもおそらく幸せだったのではなかろうか。
Orvietoオルヴィエート11画家の怨念それまで経験したこ富士山のふもとにある遊園地で、ジェットコースターのたぐいにはわりと平気で乗っていたのに、その話をすると、同じよ実は僕は苦手なんだと気がついたことがある。

そこを降りて西へと走っていると、ほどなくボマルツォという街への案内標識が現れ始める。
小さな丘の上にあるこのひかえめな街の郊外、ちょっと下ったところに、オルシーニ家の怪物庭園ParcodeiMostriはある。
聖なる森SacroBoscoとも呼ばれるこの庭園は、整然とした典型的なイタリア庭園ではなく、地形をそのまま生かした自然なものだ。
ここには幾何学的な設計や、秩序正しい計画性などというものは微塵もなさそうで、高低差の激しい小うっそう道を気ままに歩いていると、鬱蒼と繁る木々の間に、巨大な石像が突如顔をのぞかせる。
それらは海の精セイレーンであったり、巨人であったり。かと思えば、それらは背中に人像柱を載せた巨大な亀や、あるいは海神ネプチューンだったりする。
体ほどのこうした怪物像は、三広い敷地内に、てんでばらばらに、お互い何の脈絡もなく置かれている。
いずれも苔むして緑色がかっており、周囲の木々の緑に溶け込むかのようだ。
ローマを代表する豪族のひオルシーニ家は代々、現在のラツィオ州と南トスカーナ地方に多くの領地を所有していた、父の跡を継いでこの地の領その一人、ピエルフランチェスコ一世は、ヴィチーノという俗称を自ら名乗り、とつだった。
ジュリアと結婚した。一五二三年生まれのヴィチーノは、優れた主となった。これまた名家であるファルネーゼ家の娘、文学や哲学にも親しんだ。
その才が存分に発揮されるように軍人であったヴィチーノは、当時の人文君主の典型として、聖なる森造りに着手してからのことである。
まだ二〇代の若さで愛する妻を亡くし、自らのなったのは、庭造りに没頭した。
一五八四年に亡くなる直前まで、三○年間彼はこの不可思議な庭園すべてを天国にいる妻に捧げ、おのれの理想と趣味を少しずつ具体的に形にしていった。
あまりの長きにわたり、各地から著名な建築家を招いては、彼庭園のそこかしこに刻まれた。
ペトラルカやアリオストらの文学作品から着想を得た碑文となって、の文学的な才は、ミケランジェロの後を継いでサン·ピエトロ大聖堂の事業にかかヴィチーノの理想郷造りにたずさわった者の中には、大建築家ヴィニョーラもここの造営に関わった建築家ピッロ·リゴーリオや、彫刻家シモーネ·モスキーノらがいた。
わったと考えられている。
イタリアではカフェというと

旧跡を訪ねる★ヴィッラ·アドリアーナ第14代

スフィンクスやペガサス、ニンフやケルベロこうして出来上がった庭園は、それまでになかった異様なものとなった。
たたず見上げるほどの巨人が二人、取っ組みあっている。そこかしこに佇む。あるいは、大きスといった想像上の生物たちが、象やドラゴンが迫り来るな魚が私たちを飲み込もうと大口を開け、おまけに遊園地のそれは動きさ現代に生きる私たちは、公園などでいくらでも巨大な像を目にする機会はあるだろう。
巨大ではあるがピクリとも動かぬ石像群に、おそらく何割かの人は、ボマルツォに行っても、なんら驚きをえするのだ。
覚えないかもしれない。ここに連れて行かれて、薄暗くなり始めた夕方に、どうか想像してみてほしい。
一人で中をしかし、五00年近く前、歩かされた人の驚愕を。次々と姿を現す、見たこともない恐ろしげな怪物たちに圧倒される人々の畏怖を。
この地を行かずんば世界の七不思議の最たるものを鑑賞するも叶うまじ。
(ボマル眉をあげ唇をひきしめてツオ怪物庭園、スフィンクス像に彫られた銘文。
澁澤龍彦訳)面白いもので、怪物庭園が造られたマニエリスムという時代には、発掘された洞窟などから着想を得た様式が流行をみグロテスクという用語は、から
ヴィチーノの聖なる森も、こうした傾向が、ていた洞窟

<grotta>

極端な形で現れたものと考えてよい。

イタリア語でストライキのことをショペロというがラクイラまで北上するの


表の人物画は

生と死のシンボルや、官能的なエロティシズムがあからさまに配置されたこの楽園は、しかし亡き妻に捧げられたレクイエムでもあるのだ。
やがてバロック時代に入ると、イエズス会士アタナシウス·キルヒャーのような知の巨人が、博物学的な好奇心と想像力とでこうした着想をさらに発展させていった。
しかし、オルシーニ家の怪物庭園自体は、ヴィチーノの死後、ランテ家やボルゲーゼ家へと持ち主を代えていく間に、次第に忘れ去られていった。
怪物たちはその後何世紀にもわたって見捨てられ、庭園は荒れるに任された木々はすべてただ怪物たちだけが静かに佇んでいた-。
を覆い隠し、訪れる者もいない庭園では、戦後を迎えて、ようやく聖なる森は再び人々の関心を集めるようになった。
サルヴァドール·ダリやマリオ·ブラーツといった人々が、この驚異の園に魅了された。
日本には、澁澤龍彦が訳したマンディアルグのボマルツォの怪物や、澁澤自身の著作などによって紹介された。

これによりポンペイ軍壊滅に成功

イタリア語でギターという意味だが

現在、オルシーニ家の怪物庭園は、過去の驚異を垣間見ることのできる珍しい場所として、ボマルツォの観光に一役こも買っている庭園内はすっかり整備されて、のどかな木漏れ陽の中を、観光客がポツリポツリと散策を楽しんでいる。
しかし、ひとたびジャック·ブノアメシャンが名著庭園の世界史河野鶴代、横山正訳、講談社、一九九八年で伝えるところの、整備され始める直前の庭園の様子を読めば、私たちはかつての怪物たちの楽園の雰囲気を羨ましく思う気持ちを抑えきれない-。
今日この庭はまったく荒れるに任されている。村の子どもたちが石弓を持ってうろつき回り、彫刻の鼻や手、性器髪などに石をぶつけて壊して遊んでいるだけだ。
同書動物園の檻の中にいるような今日のおとなしい佇まいに比べれば、たとえ鼻を折られても、自由気ままに夜ごと自分たちだけの宴を開くことができた時代のほうが、そしてたまに迷い入ってきた猟師が自分たちを見て腰を抜かすさまを眺めているほうが、怪物たちもおそらく幸せだったのではなかろうか。
Orvietoオルヴィエート11画家の怨念それまで経験したこ富士山のふもとにある遊園地で、ジェットコースターのたぐいにはわりと平気で乗っていたのに、その話をすると、同じよ実は僕は苦手なんだと気がついたことがある。

その文化的痕跡を消し去った


アドリア海とのつながりによる遠隔地交易こそが
あ、とのない高さと角度から落ちていく途中、とイタリアの学生が話し始めた。
うな経験をしました、かたまり大きな岩の塊が近づいて列車の窓から外を眺めていると、親に連れられて観光旅行をした。
彼がまだ小学生のころ、それが、オルヴィエートだった。その岩の上にはけっこう大きそうな街があるのが見えた。くる。あまりに高低差があるので、オルヴィエートは駅から街までのケーブルカーで結ばれている。
彼はワクワクしながら生まれて初めてのケーブルカーに乗り込んだ。
「登っていく途中で、自分が実は高所恐怖症だってことに気付かされたんです」。
あんなところに住むなんてどうかしてますよ、と彼は笑う。オルヴィエートは、そんな天空の街であるおそらくはマラリアを避けるために、防衛上の理由と、凝灰岩の断崖絶壁の上に最初に住み始めたのはエトルリア人たちだった。
コムーネ自治都市の時代には、ローマからほど近いこの街は教皇派ゲルフの牙城として機能した。
その天然の要害っぷりは、戦国時代にも終始あれほどの堅固さを誇ったにもかかわらず、この街には城壁らしい城壁がほとんどないことからもよくわかる。
ただ、河川が街の中を流れていない都市の宿命として、飲料水の確保は常にこの街の生命線であり続けた。

イタリアの社会も人もどうも同じような面があるようだ

何気なく素晴らしいレストランがあったりすることだ

街にはいくつか井戸があるが、なかでも「サン·パトリツィオの井戸」は一見の価値がある一五二七年、神聖ローマ皇帝のドイツ傭兵隊ランツクネヒトがローマになだれ込み、徹底的に荒らしまくる事件がおこったSaccodiRoma”ローマ劫掠
教皇クレメンス七世は荒廃したローマを離れ、オルヴィエートに疎開しようとした。
彼が掘らせたのがこの井戸である。この時、エトルリア時代の墓が出土したりしながら、途中、井戸は10年近くかかって一五三七年にようやく完成。
水を汲んで昇るロバと降りるロバとが途中でぶつからないよう二重螺旋階段になっている。
オルヴィエート最大の見どころは、街のサイズに不釣り合いなほどに巨大な大聖堂である。
きらびやかなモザイクや繊細な浮き彫りに覆われた重厚なファサードの、幾何学的な調和が美しい。
内部には、この大聖堂の名を一層高めた「サソ·ブリツィオ礼拝堂」がある。
おどろおどろしい主題によるフレスコ画で埋めつくされている。ここは壁一面、この世の終末と,最後の審判にそなえて地中から復活する死者たち0悪魔たちに捕らえられ、地獄へと連れていかれる人々。
その一方では、神によって選ばれた人々が天国へと迎えられている-。
rmハネの黙示録を題材にした一連の地獄絵図は、さほどの恐ろしさを観る者に感じさせない。
しかし不思議と、このことは、画家ルカ·シニョレッリによる色彩が非常に明るいことに主たる原因があるだろう。

Tagged as: ,