イタリアでも決める必要があるかも知れない車を運転中に携帯電話を使用することは

イタリア共和国を建国しローマによる平和パックス·ロマーナを実現した

ミラノで開業しているの日本人医師に知り合いの歯医者を紹介してもらい

家の別荘“年、ティヴォリ総督にイッポリート·デステ枢機卿が就任一五五彼はフェッラーラのエステ家に嫁いだルクレッィア·ボルジアの子。
つまりチェーザレ·ボルジアの甥にあたる。イッポリートは洗練された宮廷文化をティヴォリに持ち込み、ただちに庭園建築にとりかかった。
ヴィッラは自然の急斜面を生かして設計され、その落差を利用するべく噴水がふんだんに採り入れられた。
失脚して中央政界での力を失ってからは、ここの建設が彼のただひとつの情熱となった。
建設は、イッポリートの死(一をもってようやく止んだ。こうしてヴィッラ·デステは、イタリア式庭園の最高傑作として、永遠にその五七二年)名を残すことになったのであるSiracusaシラクーザエウレカ·エウレカ!
の名を聞かされたことがあるだろう。誰でも、子供のころに学校で”アルキメデス”金細工師に純金の王冠を作らせた。
しかし金細工師が金を一部着服し、代わりになにか別の金属をむかしある王様が、アルキメデスにそれを調べるよう命じた。
しかし王冠は、最初に材料として渡された混ぜたのではないかと疑った王は、どうやって見極めれば良いか悩んでいたアルキメデスは、ある日お風呂につ金塊ともちろん同じ重さに造られている。
浴槽から溢れ出るお湯を見てひらめいた。金より重い金属はないのだから、同じ重さの純金と合金では体積かったとき、彼は喜びのあまり裸のまま浴場をとび出し、「エウレカ!
わかった!」と叫びながら町を駆け抜けたが異なるはずだ。
という。

ヨーロッパには

”アルキメデスの原理“にその名を残すアルキメデスは、実在の人物である。
彼は紀元前二八七年、シラクーザにこの生まれた。シラクーザはシチリア島の東南部に突き出た海岸線に位置する人口一二万五000ほどの中都市で、今も島でしかし驚くなかれ、シラクーザはかつて、地中海最大の都市として繁栄しは港町としてそこそこの重要性を保っている。
た輝かしい歴史を有しているのだ。とギリシャ名で呼ばれていた。古代地中海に覇をとなえたギリシャは、その頃、シラクーザは”シュラクサイ“アテネとうしょぶゆるやかな連合体を形成していた。
都市群は、入り組んだ海岸線からなる島嶼部に点在しをはじめとする諸都市による、ひとつひとつの都市の人口はおのずと限定されていた。
そのため、ており、耕作に適した平地の広さも限られ、ギリシャあらたな植民地へ移住するための遠征隊が組織された。
では都市人口がある程度増えるたびに、中心都市アテネでさえ人口はほぼ常に四万以下に抑えられ早くも紀元前八世紀頃から始められたこの移住政策により、ていた。
他の都市はおしなべて数千人規模、多くても11万程だった。その一方で、地中海にはギリシャ人による植民都市が増え続けていった。
この全域を、”大ギリシャ”と総称する(後にローマ人は、イタリア南部とシチリア島に作られた植”マグナ·グラエキアと呼んでいる)。

 

ローマ人の風呂の文化はのちに東

ミラノがイタリアの富を生み出す所ならば民都市群だけをもって<大ギリシャ,シラクーザはアグリジェントと並んで、シチリア島の代表的なギリシャ系植民都市となった。
アテネとスパルタが盟主の座を争った前五世紀のペロポネソス戦争では、スパルタ側についてアテネ勢力を島から駆逐。
続く前四世紀には、シチリア島の全域をほぼ従えるに至った。このとき、シラクーザの人口は五万を突破。その後、アレクサンドロス三世アレキサンダー大王によって建設されたアレキサンドリアなどのヘレニズム諸都市の登場によって抜かれるエジプトのアレキサンドリアはなんと五0万人を突破するまで、シラクーザは大ギリシャ時代の地中海における最大の都市であり続しかし、北アフリカで勢力を増したカルタゴが海を渡ってシチリア島へ侵入。
島は、ローマとカルタゴの間でその後断続的に続けられる戦いにおいて、常に主戦場となった。
シラクーザにはその間、軍人あがりで実質的な君主となったディオニュシオスなど、多くの英雄が現れた。
彼はシチリア島のギリシャ系諸都市からなる連合軍を率いて、カルタゴに必死の抵抗を試みた名君だが、日本では太宰治の走れメロスに出てくる暴君として知られている。
たしかに、天然の地形を生かした岩場の監獄に捕虜を閉じ込め、その岩場の上で彼らの嘆息を聞くのを趣味としたという伝説もある。
このディオニュシオスの耳”と呼ばれる岩場は、一七世紀の流浪のバロック画家カラヴァッジョによって名づけられたとされ、上へいくほど狭くなるその構造は、なるほどひそひそ話さえ大きく響く音響効果を有している。

ローマ帝国への反逆罪ということで磔刑されるのですアルキメデスは,シラクーザの繁栄の歴史の最後を飾る英雄である。
彼は浮力の原理を見出したにとどまらず、螺旋状のねじ構造を回転させて水を汲み上げる”アルキメデスのねじ“を発明するなど、偉大な知性としてその名を広く知られていた。
対カルタゴでのシラクーザ防衛にも発揮されていた。その頭脳は、しかし、カルタゴの英雄ハンニバルの勢いをみたシラクーザの若き王は、それまでのローマとの盟約を破ってカルタゴくみに与する愚挙に出た。
老アルキメデスは巨大な凹面鏡を用怒れるローマはすぐさま大艦隊を派遣してシラクーザを包囲街はついに陥落。
いてローマの軍艦を焼き払うなどして抵抗したが、ローマの将軍はこの老賢者を殺さないよう通達を出したが、それを知らぬ一兵卒にアルキメデスは殺害された。
それも、捕まえに来た兵士がその図を踏み,地面に図形を描いて幾何学に没頭していたところ、それに対して踏むな!と怒鳴ったからという、どこまでも科学者らしい理由によるものだった。
シラクーザはそれ以後、歴史の表舞台から姿を消す。しかし街には大劇場などの、大ギリシャ時代の栄華をしのばせる建造物が多く残る。
ギリシャ時代の地下水道を拡張して掘られたカタコンベもみどころのひとつである。

スペインのアラゴン王家

意外と知られていないのがここでは、カタコンベに残された初期キリスト教時代の貴重な碑文を紹介しておこう。
エウスキアは、誠実で気高い、二五年間ほどの罪なき人生をおくり、聖ルチアの日に亡くなった中略
信心深く、非のうちどころのないキリスト教信者であり、その優美さと人柄によって夫に愛された。
(サン·ジョヴァンニのカタコンベで一八九四年に発見された碑文。
原文はギリシャ語。筆者訳はズガルラータによるイタリア語訳から)Taorminaタオルミーナ雄大なる青リュック·ベッソン監督が世界的にその名を知られるきっかけとなった映画グラン·ブルーグレート·ブルー一九八八年は、実在する二人のフリーダイバーを描いた物語だ。
主人公として描かれたのがフランス人のジャック·マイヨールで、一方、彼の友人かつ好敵手として描かれていたのが、エンツォ·マイヨールカというイタリア人ダイバーである。
二人は実際に、お互いに切磋琢磨して記録の更新合戦を繰り広げた。
一九七六年にマイヨールが初めて100メートルの深さまで潜ると、エンツォが101メートルの記録で逆転した。
映画の中で、ダイビングの大会が開かれている場所がタオルミーナであり、垂れ幕や駅名などで何度もその名前が画面に映る。
日本では再公開時一九九二年に映画が記録的なヒットとなったせいもあって、この街の名は映画ファンの間で特によく知られている。
実際にここを訪れる人も少なくなく、映画で描かれているとおりの深い青色の海を目にしてまた感動をあらたにするのだろう。
ジャン·レノ演じるエンツォは、崖に貼り付いたようなレストランでマイヨールと食事をしている。
そこへ母親がブスッとした顔でやってくる。エンツォは満面の笑みでマンマ!と両手をひろげるが、家で食べないことをとがめられることがわかっているので、「コーヒー飲んでるだけだよ」と言い訳をするしかし、間髪入れずにウエイターがボンゴレ·スパゲティを運んできてしまう。
固まるエンツォ·.....。いい大人になった息子に対して家で食べろというのが、いかにもイタリアのマンミズモmaminism,-母親至上主義的でおかしい。
ちなみに撮影場所は、イゾラ·ベッラカポタオルミーナというホテルのレストランである。

ラクイラ市内を歩きながら都市生活者が遠隔経営する形態が広まっていた

イタリア中が大騒ぎになった美しき島を見下ろす土血ち私は迷うことなく何を見たらいいかと尋ねてくる人がいたとしたら、シチリアで過ごす日が1日しかなく、もし、そこには目と、魂と、想像力を魅了すると答えるだろう。
それは片田舎の景色にすぎないのだが、タオルミーナ私たち中略
かつて、タオルミーナとその劇場を造った人々は、ためにこの地に創られたすべてのものがある。
彼らの血管には、今日ではすっかり失われてしまったように思われる何かがとは異なる目と魂を持っていたのだ。
(モーパッサンによる一八八五年の記述、筆それは、美に対する愛情と畏敬の念なのだ。
血と一緒に流れていたのだ。者訳)古くから知る人ぞ知る場所タオルミーナはしかし、なにも映画のおかげで急に観光名所になったわけではなく、この地の景観を称えている。
ゲーテやデュマといった多くの文豪たちが、ここに掲げたモーパッサンをはじめ、だった。
街の東部に位置するサンタ·カテリーナ·ダレッサン最初にこの街をつくり始めたのはギリシャ人である。
たとえば、当時の名残を今に伝えている。その後ギリシャ時代の遺構がむき出しのまま展示されており、ドリア教会の内部には、ラテン人たちが街を受け継いでさらに発展させたローマ人実際にはローマ人たちがほとんど全現在私たちが目にしている姿は、街のシンボルとなっている”ギリシャ劇場“も、ローマ時代には、ギリシャ悲喜劇のかわりに、コロッセオよろしく血で血をあらう面的に手を加えたあとの状態である。


意外と知られていないのが イタリアではカフェというと 意外と知られていないのが

Tagged as: , ,